コロなし自転車へのチャレンジ!

少し長いので、ご家庭でチャレンジさせたい方だけ読んで下さい。

 

自転車に馴染みがないところに、「ガンバレ」だけで
チャレンジさせると苦手意識がついて遠回りになることが
あります。

幼稚園では段階を踏まえて遊具を出していますが、自由遊びの時間なので
これまで三輪車や自転車に興味の無かった子には
初めての挑戦・・という子もあるかも知れません。

そこで大まかな段階をまとめておきますので
自宅練習の参考にして下さい。

1 ペダルのない三輪車・・足で蹴りながら遊ぶことで、ハンドル操作とタイヤで走る感覚を身につけます
2 ペダルのある三輪車orコロつき自転車・・ペダルを回転させるコツを身につけます
3 ペダルのない二輪車(ストライダー)・・バランスをとるコツを身につけます
4 ペダルのある二輪車・・123の全てを同時に行えるようにします

とはいえ、自宅にはコロの着脱ができる二輪車が普通です。
二輪車でできる方法を考えてみました。

なお、年長さんならほとんどの場合2からのスタートで良いでしょう。

 

2はコロをつけたままでその辺りをグルグル回ればOKです。
小さな目標をつくって、達成させながら順次距離を伸ばしていくと
飽きずにできます。少し乗り足りないかな~というところで
辞めるのが「次回も練習したい」と思わせるよいタイミングです。
お散歩も景色と気分が変わるのでいいかもしれませんね。

3はコロを外して、足で地面を蹴りながら運転させればOKです。
ブレーキのかけ方も教えておいて下さいね。
練習中に近所の車に激突したら目も当てられませんよ。
「止まる」ことを感覚的に覚えておくと怖さが減少するという効果もあります。

4、いよいよ最後のチャレンジ。
保護者の方が自転車を押さえて、子どもにまたがらせてからスタートしましょう。
もちろん足もペダルの上に準備させておきます。
軽く後ろから押しながら子どもに合図を出して下さい。
ここで酷く怖がるようなら、3の練習がまだ足りていない証拠です。
あわてず3の練習に戻りましょう。

うまく乗る感覚が身についたら、
最後に一人で自転車をこぎ出すように指示して下さい。

土日に15~30分くらい、遊びながらチャレンジするのが
良いでしょう。
脳科学では、「感覚が身につくのは一寝入りしたとき」といいます。
チャレンジした日に出来なくても、夜寝ている間に
その感覚が脳で整理され、翌日には「出来なかったのが不思議」と
思えるくらい簡単にできる場合もあります。

最後の一週間ぐらいで急に取り組みだしてもなんとか
ならないことはありませんが、いまから始めれば
スパルタ式で教えなくても順序よく身につけることができますよ。