みほとけさまのお誕生日「花まつり」をお祝いしたよ!

お釈迦様のことを園では「みほとけさ」とお呼びします。

4月8日のお誕生日をずらして今日行いました。

イベントのように盛大にといった感じではなく、

子ども達自身がお花を飾り、子ども達自身が甘茶を灌頂しお祝いするという

一番最初の原点に立ち戻った形で行うことにしました。

朝一番に花御堂を準備し、屋根の花飾りを子ども達にしてもらいました。

最初は雑に上に置くだけだったのですが、

屋根が見えないようにきれいに飾ることなどを教えながら

一緒に飾っていると、「先生もっとお花が欲しい」

「ここのところ、屋根が見えるから大きいお花ちょうだい」

「あそこのお花をとってきてもいい?」

と素敵に飾ろうと一生懸命です。

「このお花おもしろい形しちょる!」

「ひまわりみたい!」「ちっちゃいつぼみもあるよ」

沢山の発見もしていました。

各家庭からのお供えのお花ありがとうございました。

できればこの経験を元に、「教室のみほとけさまにお花を飾ろう!」とか、

「お花を園庭で育てよう!」などと広がってくれるといいなぁと思っています。

放課後も体操教室で体を動かして楽しんでいます!

学年の体操教室は午前中に行っています。

午後からは申込制なのですが、今年は一杯で予約待ちとのことです。

様子をみにいったときは年中さんが体を動かしていました。

走ったり、四つん這いになって歩いたりと様々な運動を

遊びの中で行っていきます。動物になったり魚になったりと

先生が物語を作りながら遊びの中でからだが動くように

工夫されているのには感心しました。

体を動かすことが楽しい!嬉しい!ということを

一年間通して学んでくれることでしょう。

木のぼり!鯉のぼり!楽しいよ!

朝から木登り!身軽なこと!

カメラを構えるよりも早く降りてしまったので、

もう一度登るようお願いして写真を撮影しました。

簡単だよ!と言いながら上り下りしています。

「お猿さんみたいですごい!」と褒めるとニコッと笑っていました。

下の写真は教室のコーナー遊びで作った鯉のぼり。

年中さんはこの機会に塗り込みも行っているようですね。

走りながら矢車をくるくる回して嬉しそうに駆けてきます。

「先生写真撮って!」とのこと。花壇の花の前でパチリと一枚。