絵本コーナーでお気に入りの絵本を見ている子ども達。写真を撮ろうとしたら気づかれてしまいました。

幼稚園の中二階にある絵本コーナー。今日は大人数で賑わっていました。

また、沢山の絵本を並べて楽しそう。

こっそり写真を撮ろうとしたら、写真機が立ち上がる前に子ども達に

気づかれてしまいました。

楽しそうに見ているシーンを撮りたかったのですが残念。

下の写真は、職員室前に貼った先生の紹介パネルです。

栄養士さんが作ってくれました。

また写真は父母の会の先生紹介の写真を使わせて

頂きました。

残念ながら、私が撮影すると、みんな真面目な顔になって

しまうのです。たのしそうな写真をとっていただいたので

使わせてい頂きました。先生達の明るい表情が

本当によく撮れています。ありがとうございます!

ちびっこ教室は室内では感触遊びを行いました。スライムや春雨、ゼリーを使って楽しみました。

毎週金曜日にはちびっこ教室を開催しています。

外遊び、室内遊びを用意して、好きな遊びを子ども達が自分たちで選びます。

今日は外遊びも用意していたのですが、

室内に用意していた感触遊びが大人気でした。

スライム作り、いろいろな色の春雨、ゼリーを使った型抜きなどが人気!

初めての感触に、手を突っ込んで無表情にモニュモニュとしていました。

この無表情というのが実は面白いのです。

一般には新しいものに出会うと、目をキラキラさせて遊び出す

イメージなのでしょうが、実際はそうではありません。

ただただ手の感触に全神経を集中させているのです。

だから、顔は無表情になります。

その後、ひとしおき感触を楽しんだら「これ不思議だよ!」

「これ不思議な感触だよ!」「これ面白いよ!」と

保護者や先生に共感を求めるアクションが出てくるのです。

保護者のみなさんが「おもしろいねー」「不思議だねー」

「ぷにぷにしているねー」など言葉を返したり、

子どもの目線に笑顔で返したりすることで、子どもが

満足感や達成感を感じ、次の遊びにうつっていきます。

日常的にはよく見かけるシーンなのですが、教育者には

この瞬間がなんとも尊く感じられる瞬間なのです。

スマホ見ながら言葉だけの相づち、では生まれない共感の世界は、

子ども達に大きな創造性の種蒔です。

これから栄養や水を与えられながら、大きく育っていく事でしょう。

金曜日の様子