古くからの友人がお寺の住職になりました。就任の儀式「晋山式」のお手伝いに行きました。

今日はお寺についての記事です。

南陽幼稚園は真福寺の日曜学校からスタートしています。

真福寺は禅宗で曹洞宗という宗派になります。

大本山は福井の永平寺と神奈川靏見の総持寺です。

永平寺で修行を一緒にした山口県出身の友だちがいますが、

お寺の住職に正式に就任する「晋山式」という儀式を

することになり、そのお手伝いに駆けつけました。

今回は司会という大役をいただきました。

カミカミの司会でしたが、参列したお檀家さんから

「わかりやすかった」「飽きずに参列できた」という感想をいただき

ホッとしているところです。

儀式は礼に始まり礼に終わるで、「お願いの挨拶と感謝のお礼」が中心です。

お釈迦様を初めとする諸仏 諸菩薩、お寺を作られた和尚様や歴代の和尚様、

参列の檀信徒のご先祖様、和尚様方、檀信徒の皆さんなどなど

何度もお拝をすることで心を表します。

見所は、ご住職と代表の修行僧の「大問答」です。

これまで培ってきた禅の境地を、丁寧なそして迫力のある

言葉でお伝えになる姿は凜としたものでした。

これを機縁にますます隆盛になることを祈念しています。

おめでとう!

秋を感じ、秋で遊ぶ今日この頃。こあらぐみさんが活動している様子をご紹介します。

秋を感じる遊びを楽しんでいます。

拾ってきた松ぼっくりを使って料理を作ったり、

ストラップを作ったりしています。

スイートポテトは、先日掘ってきた芋を使ってのお料理遊びです。

栄養士さんに教えてもらいながら作りました。

ふかしたお芋に、蜂蜜などの調味料をまぜ、

ビニール袋をかぶせた手で混ぜあわせます。

できあがったスイートポテトはみほとけさまにもお供えに行きました。

1日早いのですが、お寺の開山忌のお参りに行きました!

10月20日は真福寺の「開山忌」です。

一般の方には聞き慣れない言葉だと思います。

開山とはお寺の初代和尚様の事です。

その昔お寺は山を切り開いて作られたので、

○○山の○○寺といわれるようになりました。

○○山を山号、○○寺を寺号といいます。

山を開いてお寺を建てた和尚さまなので、「開山」というようになったのです。

「忌」とは、ご命日のこと。つまり開山忌とは初代和尚様の命日の法要です。

20日は水曜の早帰りでもあり、午前は法要の時間と重なるので

1日早くお参りに来ました。

「仁庵等恕大和尚様」とみんな一緒に唱え、名前を覚えてくれました。

明日はお祝いのアンパンをみんなに配ります。

19日の写真

年長さんのお芋掘りの様子です。小学校の上にある畑で育てた沢山のお芋を収穫しました。

小学校上の畑にお芋を植えてから、年長さんはお水をやりにいったり

観察しに行ったりしていました。

散歩の途中に様子を見に行くこともしばしばでした。

運動会もおわり、いよいよ収穫の時期がやってきました。

待ちに待ったお芋を、軍手をはめた手でほりあげます。

小さな虫やさなぎが出てくる度に、あちこちで奇声が上がり

「虫怖い!」「あ!さなぎじゃ!何のさなぎかな~?」

「おれ怖くないよ!!」

などなどにぎやか!

そのうち、「こんなでかいのほったんよ!」

「みてみて!こんなおもしろい形のお芋じゃったんよ!」と

お芋をほり上げた感動で次々に見せに来ました。

写真をパチリぱちりと撮ってやると、満面の笑みを浮かべました!

食べるのが楽しみですね。

19日の様子