開山忌法要を執り行いました。前日には逮夜や地蔵法要も。年に一度の報恩の修行です。

お寺をお開きになった最初の和尚様のことを「開山」と言います。

真福寺は「仁庵等恕大和尚」さまがご開山です。

福川村民が幸せに暮らせるように、温かい心で見守っるよう

言い伝えられています。幼稚園もその一環で作られました。

この和尚様あっての現在、そのご恩に報いるお勤めを

年に一度行っています。それがご命日にあたるこの日です。

前晩の逮夜法要、地蔵法要、そして当日の開山忌という

儀式は真心の行事なのです。

19・20日の様子