三日間のプレ実習を引き受けました。どの学生さんも一生懸命!

1月18日~20日の三日間、先生の卵の学生さん達7名を受け入れました。

どの子も一生懸命でその真剣な姿勢がとても好印象でした。

子供たちもそんなお姉さん先生にすぐになついて、

一緒に遊んだり、お話して過ごしていました。

最後の反省会では、率直な質問がたくさん出ていました。

「子供たちのトラブルをどのように仲介したらいいですか?」

「私が入っても子供の気持ちがすぐに収まらなかったけど、

先生が入ったらすぐに収まったのはなぜですか?」

「同じようなシチュエーションでも

子供によってかける言葉が違うのはなぜですか?」などなど。

先生たちもしっかりと疑問を受け止め、

自分たちの工夫や経験を伝えてくれました。

教育的なものの見方や子供とのかかわり方は、

専門性のあるものであることを理解してくれたことと思います。

これから保育園での実習・幼稚園での実習を経て、

各職場で活躍することとなります。

しっかり勉強し、よい先生になってくれることでしょう。

三つ編みが得意な女の子たちに協力依頼!バスケットゴールにゴールネットがつきました。

先週作ったバスケットゴールにゴールネットが付きました。

「本物らしく作りたい!」とネットを作ることになったのですが、

「普通の紐(スズランテープ)ではすぐにバラバラになってしまう」とお悩み中。

そのときに「女の子たちが以前作っていた紐をお願いしよう」と

リーダーの子がアイデアを出しました。

頼まれた女の子たちは二つ返事で引き受け、

さっそくスズランテープを三つ編みしてくれました。

それをテープでくっつけて出来上がり!

完成品を見て、頼んだ方も、頼まれた方もご満悦でした。

できないところを得意な子にお願いするってすごいアイデア!

快く引き受けてくれた女の子たちも素敵です!

太鼓の達人コーナーや景品のキーホルダーづくりも

製作したり工夫したりが続いています。

熱中するとおしゃべりがなくなるのって不思議ですよね。

でも「ゲームコーナーでたくさんの人に喜んでもらいたい」という心は一つなのです。

1月24日の様子

園庭に道路が出現!トンネルもあり車をビュンビュン走らせます。しかし場所が悪かった。

先生に頼んで園庭遊びの様子を撮影してもらいました。

おやっと目を引いたのは道路で車を走らせている年少さん。

車を走らせながら道路を作り、トンネルを置いてコースの出来上がり!

しかし場所が悪かった。

たくさんの子供が通り抜けていく場所だったので、

遊びに集中できず、すぐに終わりになってしまったそうです。

人の通るところで遊ぶとたくさん遊べないことを経験しました。

今度はお友達の通らない場所でやろうね!

1月20日の様子

ゲームでバスケットゴールコーナーを作成しました。取り合えず遊んでみよう!

アイデアを出していると、バスケットゴールコーナーを

作ろうというアイデアが出てきました。

早速段ボールで製作!ボールを投げ入れて試していました。

とても楽しんでいたのでこれから遊びが広がりそうです。

昔遊びのだるま落としに夢中になっている子もいます。

先生が舌を巻くほど上手な子もいるそうです。

好きになるとすごいですね。

そのほか、ゲームの景品を作ったりと、

思い思いの場所で熱中していました。

1月20日の様子

お店屋さんごっこでピタゴラスイッチのような楽しいコーナーを作りたい!と工夫中。

お店屋さんごっこでたくさんのお客さんに楽しんでもらうには・・と考えた結果、

ピタゴラスイッチのようなコースを考えて

みんなにビー玉などを転がして

楽しんでもらったらいいのではないかという案が出てきました。

積み木コーナーは比較的平面になりやすいのですが、

机を使ったりスポンジ積み木を持ってきたりと

立体的に組み合わせて試していました。

廃材を利用してトンネルを作りにもチャレンジ。

工夫は始まったばかりです。

1月20日の様子