なかよし像のサクランボを収穫したよ!

白い門の前にあるなかよし像、隣には桜の木があります。

おいしいサクランボができるのですが、園庭の外なので子ども達だけで

行かせることができません。

今日は自由登園でもあり、人数が少なかったので希望の子ども達を集め

年少から年長まで10名の子ども達が一緒に収穫をしました。

下からのぞき込みながら採る子、木の中に頭を突っ込みながら

採る子などさまざま。チャレンジ精神旺盛な子は、木に足を掛けて

遠いところや高いところにあるサクランボに手を伸ばしています。

この子は時々転んでケガをする報告を受けているのですが、

チャレンジ精神が旺盛なので、ついやり過ぎてしまうのでしょう。

先生達は注意を怠らないように目を配ってくれていますが、

同時に体力や注意力をつけて心に体がついて行くようにしてやりたいと思います。

収穫した後はすぐに水洗いし、みんなでおいしく頂きました。

木で熟したサクランボはとても甘く、いくつ食べても飽きない味でした。

次の収穫は一年後です!楽しみですね。

みほとけさまのお誕生日「花まつり」をお祝いしたよ!

お釈迦様のことを園では「みほとけさ」とお呼びします。

4月8日のお誕生日をずらして今日行いました。

イベントのように盛大にといった感じではなく、

子ども達自身がお花を飾り、子ども達自身が甘茶を灌頂しお祝いするという

一番最初の原点に立ち戻った形で行うことにしました。

朝一番に花御堂を準備し、屋根の花飾りを子ども達にしてもらいました。

最初は雑に上に置くだけだったのですが、

屋根が見えないようにきれいに飾ることなどを教えながら

一緒に飾っていると、「先生もっとお花が欲しい」

「ここのところ、屋根が見えるから大きいお花ちょうだい」

「あそこのお花をとってきてもいい?」

と素敵に飾ろうと一生懸命です。

「このお花おもしろい形しちょる!」

「ひまわりみたい!」「ちっちゃいつぼみもあるよ」

沢山の発見もしていました。

各家庭からのお供えのお花ありがとうございました。

できればこの経験を元に、「教室のみほとけさまにお花を飾ろう!」とか、

「お花を園庭で育てよう!」などと広がってくれるといいなぁと思っています。