来年小学生になる子供たちに学校に親しんでほしいと、福川小学校からお誘いがありました。

先日南小学校との様子をお知らせしました。

遅ればせながら、福川小学校の様子をご紹介します。

この日を迎える前に、あちこちで秋の自然物を集め、

福川小学校の1年生に手渡しました。

それをつかってゲームを作った子供たちが、

幼稚園の子供たちを迎えてくれました。

作ったゲームで一緒に遊んだり、

自然物を使って一緒に作品を作ったりと、

有意義な時間を過ごしました。

小学生へのあこがれと、進学への期待が高まったようでした。

11月15日の様子

コーナー遊びをやっているうちにきびだんごを投げゲームを作りたいと自作開始。

桃太郎でいろいろ遊んでいる子供たち。

きび団子を投げるゲームが面白そうといい始めました。

段ボールに穴をあけてもらい、自分たちで色を塗ったり、

動物を描いたりしはじめました。

劇遊びで役を決めるのだそうですが、

なぜか「おさるさん」の人気がなく成り手がなかったようです。

「ねこならなってもいいよ!」との一言で、

おさるの代わりに猫が仲間に加わったそうです。

観劇会で今回は「劇団すぎのこ」さんが来園。「たのきゅうのウワバミ退治」の上演でした。

新型コロナがやや下火。観劇会も無事に行うことが出来ました。

年少から年長まで一緒に見ることが出来たのは久しぶりです。

たのしい猫のダンスと「たのきゅうのうわばみ退治」の二本立て。

話に引き込まれた子ども達は、間奏には手拍子を打ち、盛り上がっていました。

よく修行された演者さんの本物の演技は迫力満点です。

楽しい時間を過ごすことが出来ました。

11月24日の様子

ひよこぐみさんがスイートポテトを作りました。まちにまった食育に朝からうきうきです。

お休みが多いかったので延期になった食育スイートポテトづくりを行いました。

楽しみにしていた子も多く、朝からうきうきしていました。

年長さんや年中さんが収穫したサツマイモを分けてもらい、

先生に教わりながら砂糖やバターを一生懸命に混ぜ作っていました。

11月22日の様子